SFホラーの金字塔「遊星からの物体X」の前日の話

 

遊星からの物体X ファーストコンタクト [レンタル落ち]

遊星からの物体X ファーストコンタクト [レンタル落ち]

  • メディア: DVD
  • この商品を含むブログを見る
 

 僕、結構ホラー映画やSFが大好きで、中学からは映画の世界にどっぷりハマりました。

そんな映画の中で1982年に公開された

「遊星からの物体X」

 

 

遊星からの物体X [Blu-ray]

遊星からの物体X [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2012/04/13
  • メディア: Blu-ray
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

この映画が大好きでした。

1951年のリメイク版になるのですが、この題材をホラー映画の鬼才「ジョン・カーペンター」監督の手で新たにつくりあげた傑作でした!

主人公も監督のパートナー盟友「カート・ラッセル」が、ワイルドでタフな主人公を演じ切ります!

僕はエイリアンよりもこの作品が大好きで、当時はビデオを買って何回も見ました!

息の詰まるストーリーに、疑心暗鬼で誰も信じることのできない状況。

そんな状況での生き残りをかけたエイリアンとの戦い。

すべてが見事でした。

当時はVFXもなくてCGなんてありません。

でも、ロブ・ボッティンの素晴らしい造形美とストップモーション撮影!

すごかった・・・。

で、

おおざっぱなストーリーは、細胞からコピーして寄生することのできるエイリアンとの戦いの話ですが、あんまり細かく言っちゃうと、完全にネタばれしちゃうので割愛します。

で本題ですが、このファーストコンタクトも素晴らしい作品です。

ファーストコンタクト

1982年版の前日の話になるのですが、巨大UFOの発見、寄生生物の怪異、寄生された人間の見分け方等、前作につながる話がきっちりと網羅されてます。

前作でのノルウェイ隊の全滅と生き残り2人と「犬」、ちゃんとこの部分につながってます。そして現代の技術による圧巻のVFX。

昔と違って「カクカク」しませんよ~。

「触手」はこの映画(1982.遊星からの物体X)から始まった!?

寄生されたモンスターたちのデザインですが、細胞からコピーするエイリアンなんで、犬や人間の感情や言葉までちゃんとコピーするようです!

しかも、それが混ざり合うと、今まで見たこともないエイリアンに!

そして、人を追いかけ取り込むのに、変幻自在の動きをする「触手」による攻撃!

僕は、たぶんこの映画からではないでしょうか、気持ち悪い「触手攻撃」は、

と思うのです。

さらに、今までの怪物と言えば「1体」のデカいモノだったり、以上に強いモノが、ちゃんとオリジナルの形をして、ひと目でわかるモノでしたが、

この「物体X」は細胞から寄生してコピーするという、その当時では考えつかないエイリアン。

僕はこの設定に脱帽しました。

二つの映画のキーワード「寄生された人間の見分け方」

細胞から寄生して取り込むエイリアン。

1982年版では「血を焼く」ことで判別してました。

つまり「エイリアンの細胞には、生きるという強い意志」があって危険から逃げる特性を利用した見分け方でした。

ですが、今回のファーストコンタクトは少し違います。

エイリアンは「無機質のモノは取り込むことができない」ここに注目します。

人の体にそんなモノ?て思いますよね・・・誰でも。

でも、骨折したらボルトを埋め込み治します。

もっと身近でいえば、「虫歯」の治療。

そうです。

歯の治療にセメントなどで埋めますよね、さらに入れ歯だったり、金歯だったり。

これが、判断する基準になるんです。

しかも今回は最後まで「ここ」にこだわってます!

大変面白い映画でした!

おすすめです!

 

 今週のお題「ゴールデンウィーク2015」

ですが、今回はhuluで見た映画の話でした。