自分の人生を満足いくものにするのは、
他人ではありません
目の前の景色が違うと思うのなら、
回れ右!
 
誰も他人のために、
後悔などしてくれないのですから
 
 
 
目の前の結果に対して、
これは自分が出したかった答なのか?
そう思うことがあります
 
違うのなら、
方向転換はできます
恐怖に負けない心さえあれば、
やり直しはいつでもできる
 
身をひるがえすのは勇気のいるものです
周りの目もこわい
でも、
誰にどう思われようと、
何を言われようと、
そんなのは構わないんです
代わりに人生を生きてはくれないのですから
 
他人に言われたことで、
したかった選択を見送ったとしても、
それは誰の責任でもありません
思いがそこまでだった
それだけのこと
 
自分のしたい選択をしたのなら、
堂々としていればいい
それで周りが離れると言うのなら、
させておけばいいのです
 
 
 
人生は自分のもの
自分が満足出来ない人生に、
なんの価値があると言うのですか?